So-net無料ブログ作成

「整形逃走」防げ 美容外科医2団体と協定(産経新聞)

 千葉県市川市の英国人女性死体遺棄事件の市橋達也被告(31)が整形手術で顔を変え逃走していたことを受け、警察庁は美容外科医の2団体と、指名手配容疑者の「手配書」を提供して医師の協力を得るための協定を締結。医療従事者向け会員制サイトに、警察庁の指名手配サイトへのリンクを張ることも始めた。

 警察庁によると、協定を結んだのは「日本美容医療協会」と「日本美容外科医師会」で、会員医師数は計約1千人。警察庁は特別手配中のオウム真理教元信者3人と、重要指名手配中の15人の顔写真などの情報を提供し、両団体は会員医師に書面やメールで連絡。医師は容疑者に関する情報があれば通報する。

 今後は特に再犯などが懸念される容疑者についての情報提供や、各都道府県単位の連携も検討する。

 また、リンクを張ったのは「ケアネット」社の医療情報サイトで、会員の医師は約9万4千人にのぼる。

漢方・鍼灸のエビデンス確立などを提言−厚労省研究班(医療介護CBニュース)
交番で「財布落とした」と偽る=570円詐欺未遂容疑で男逮捕−警視庁(時事通信)
首相動静(3月5日)(時事通信)
首相「国民欺かない」 参院予算審議スタート(産経新聞)
「排出口詰まり逆流」=放射性廃液漏れの調査結果−浜岡原発(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。