So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月08日 |2010年01月09日 ブログトップ

<強盗>コンビニで250万円奪われる 群馬・東吾妻(毎日新聞)

 4日午前2時10分ごろ、群馬県東吾妻町岩井のコンビニエンスストア「セーブオン吾妻岩井店」で、男がアルバイトの女性店員(40)に包丁(刃渡り約15センチ)を突き付け、「金を出せ」などと脅した。男はさらにカウンター奥の事務所で店員の手足を粘着テープで縛って口をふさぎ、金庫やレジから売上金など計約250万円を奪って逃げた。県警吾妻署は強盗事件として捜査している。

 同署によると、男は黒のジャンパー姿。黒の帽子などで顔を隠していた。

 事件の約25分後に訪れた客(23)が、「ドン、ドン」という物音に気付いて事務所に入り、縛られている店員を発見、110番した。

 現場はJR吾妻線中之条駅の南西約1キロ。【喜屋武真之介】

【関連ニュース】
コンビニ強盗:京都の郵便局強盗にも関与か DNAが一致
コンビニ強盗:6万円奪い逃走 手おの持ち脅す 横浜
強盗:コンビニから16万円奪い逃走 愛知・豊橋
コンビニ強盗:前橋と伊勢崎で 同一犯か /群馬
強盗訓練:新たな“武器”110番直通装置−−大和高田のコンビニ /奈良

d65eksoyのブログ
野菜生活
ライブチャット
クレジットカード現金化
債務整理

自閉症 感情の神経機能低下が関係 脳断層撮影で浜松医大(毎日新聞)

 自閉症患者の脳では、感情などをつかさどる神経が十分に機能していないことを、浜松医科大などが陽電子放射断層撮影(PET)を使って初めて明らかにした。自閉症の治療や予防に役立つ成果として注目される。5日付の米専門誌「精神医学アーカイブス」に発表した。

 自閉症は発達障害の一つで、「相手の気持ちが読めない」「自分の気持ちを伝えられない」「強いこだわりを持つ」などコミュニケーションや社会性の低下が特徴。程度や症状には幅があるが、小学生以下では50〜100人に1人の割合で患者がいると推定される。原因は特定されておらず治療法もないため、「育て方が悪い」などの誤解が今も根強い。

 研究チームは、18〜26歳の男性自閉症患者20人と健康な男性20人の脳を、研究目的に限定した専用のPETで撮影した。分析の結果、感情などを伝える「セロトニン神経」内部で、神経伝達物質のセロトニンを取り込むたんぱく質の働きが、患者の脳全体で健康な人より低くなっていた。中でも他人の気持ちを推し量る部位などでの機能低下が目立った。

 自閉症の原因については、関連する遺伝子が複数指摘されており、チームはこれらの遺伝子の異常が、今回分かった神経の障害を起こしている可能性があるとみている。

 チームの森則夫・浜松医科大教授(精神神経医学)は「自閉症は育て方とは関係なく、神経に障害が存在することが明確になった。治療・予防につながる標的が見えた意味は大きい」と話す。【永山悦子】

【関連ニュース】
<「自閉症」とは>
バリアフリーリンク集
ボネール監督に聞く 自閉症の妹を撮影「身内を撮るのは難しかった」
ディーゼル排ガス:胎児に影響、自閉症発症の可能性−−東京理科大などが研究
ネコのあくび:電車の人

花吹雪
やすおのブログ
現金化
ショッピング枠現金化
携帯ホームページ
-| 2010年01月08日 |2010年01月09日 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。